黎の軌跡Ⅱ ネタバレプレイ感想まとめ 02:1章 sideB

  • URLをコピーしました!

ファルコムは最低だが最高なのである!やっぱりエレインちゃんでしょ?!と思って即、sideBを選んでしまった私でした。幕前はやる気が出ませんでした。だってエレインちゃん使えなかったんだもん…

全面的にネタバレ注意です

目次

sideB全体感想

ほっこりさせてきた後DEADENDさせてくるのはプロローグと同じ!
ファルコム!最低だが最高!笑

このsideBはすーちゃんなーちゃんが主人公にみえて、実はエレインが主人公だったよね…

タイムリープがこんなに何度も起きるとは…。3回目のジンとヴァルターとの共闘は軌跡プレイヤーとしては非常にイイ感じでした…が…エレインが「私だけは(殺されたのが)3回目だけどね」って言ってたり、タイムリープするほど記憶が鮮明になっていくのかな…って感じでした。

アニエスが起点っていうわけじゃなくてゲネシスは何に反応してるのかよくわからなかった。
2回目のDEADENDのときはジンさんが叫んだときに戻ったし、でもジンさんには記憶がなさそうだった…?1回目は間違いなくエレインで、エレインはずっと記憶がある。エレインが好きな私は満足したのでOKです。

あと、DEAD ENDとタイムリープではやはり1回目のエレインが叫んでるところが一番良かったですね〜。
すーちゃんなーちゃんの死ぬ前のセリフは最高なんだけど、しかし、イカン…。

戻ってきた後の「ふたりとも無事だったのね!」っていうエレインのセリフが、もう。イイ。

タイムリープを公式でやられると陳腐になってしまうのではと思ったけど、何度も見返したかった。良かった。

あと、エレインが「今の私は遊撃士の立場ではないわ」って言ってるのすごく好きです。立場がなければエレインもこういう感じで動けるんだって。前作は、アルマータのことでキリキリしてたし、お父様はクロだし、ヴァンと交流は始まるし、色々しんどかったんだろうな。。

午前中

すーちゃんとなーちゃんが登場して、エレインも使えて、トワも出てきて…なんだこのゲーム?!ボーナスゲームなのか?外伝なのか?って感じですね。創の軌跡っぽい感じがすごくあった。

エレインちゃんがとにかくかわいい

ナーディアのだらけっぷりをフィーから聞いていたエレイン。面倒見がよく、観光もちゃんとさせてあげてるエレイン。ヴァンから聞いていた怖いお姉さんというのとは違うなって言ってるナーディアとスウィン。なんか色々心温まる感じでした。

そういえば。一応部外者で依頼人のはずなのに、なぜか保護者として監督役になっているエレインほんとうに面白い。
ヴァンもちゃんとエレインに長期出張は話してあったからエレインも安心して事務所の面倒見てあげれてるよね。ん?んんん????笑
(ちゃんと長期出張のことは伝えてあるあたり、ヴァンも前作より成長した笑)

みっしぃへのこだわりが細かいエレインちゃん。かわいい。
エレインちゃんはみっしぃ博愛主義ではないのかもしれない。

ヴァンがなんて言ってたって?って振り返るときの細かいカット…。

乙女の味方をしてヴァンのことをエレインにチクっておくナーディア…。

クインシー社の人たちから社長の不正を正したと尊敬されているエレインちゃん。

いやほんと語ることがエレインちゃんとすーなーのことばかりですよ!

映画を見たらエレインが、しれっと映画のパンフレットを「ヴァンの分を買っておこうかしら」って言ってるのほんとウケました。彼女じゃん!

※映画でBGMしれっとナユタでどきっとした。軌跡はまたこういうことする!

エレインちゃんのA級遊撃士でスゴイところをいっぱい見れた

前作ではエレインはしれっと一人で黒龍砦城の答えにたどり着いちゃったり、メルキオルの居場所を特定して取引したりすごいのはわかっていたけど、どういうところに目をつけてどんなことをしているのかっていうことはわからなかったんですよね。
それが今回sideBで、色々鋭いし手際もよいし手練であることがわかりました。さすがA級っていう。

お掃除ロボットの違和感に気づいたスウィン「に気づいていたエレイン」とか。
一瞬でロボットの足だけ切り落とすような技量の武人であるとか。

ここからもう午後の話だけど、裏社会のおじいさんとのちょっとの会話でどこまで伝わってるのか把握してたり。

ヴァンと似ている、一緒に戦っていて安心とか言われたり。

ヴァルターを平然と挑発する大胆さとか、勝負しようとする血の気の多さとか。

すーなーが和む!

ナーディアの台本でくそ恥ずかしいカップル演技をさせられるスウィン…照れるなとか自分に言い聞かせているけどやはり「妹枠」であるナーディア…がんばれナーディア…笑

ルーファス評がひどくてめちゃくちゃ笑ってしまった。「安心感どころか味方ですら何を考えているのかわからない」「指示通り動いていたらいつの間にか勝っている」

結構全体としてやばい話のはずなんだけど、すーなーのおかげで和むのがよかったです。
ただ、すーなーコンビをみて微笑ましくしているエレインだけど、エレインとヴァンも周りから見るとこういう感じなんだぞ?っていう事は言いたい!笑

トワトワ

NGOは国際協力機構だったのね。そしてエレインとはそれで知り合いだったみたい。

いつもの偽ブランド商

マギサ婆さんがいたからまたやらかすんだろうなぁと思っていたら案の定4spgは偽ブランドだったというオチとか。

偽ブランド商のいつものでかい声と足の速さは本当に軌跡の名物だなあ。好きです。

大陸が続く限りアタシの逃げ場たりえる、のくだり、クロスベルでランディが意味わかんねぇって言ってた気がするww

クロスベルのときの一番最初のときって、たしか身分を隠したキリカさんが足をひっかけたんだっけ。懐かしいな〜

それにしてもガワがTフォンで中身がエニグマってリアリティありすぎて笑ってしまった。まさかエニグマとはw懐かしいなあ!

気になる話

トリオンタワーはエプスタイン博士が大昔に建てたのに今のネットワーク構築に普通に使えているというかこれを想定して作ったみたいな感じらしい…怖い…博士がタイムトラベラーでもおかしくない…

午後

午後は本当にヤバかったなぁ〜〜〜〜。

最初の廃棄区画のとき、心を許したナーディアが初めてエレインのことを「剣のお姉さん」じゃなくて「エレインさん」って言ったことにエレインも気づいて、それがとてもよかったです。
ちゃんと戦闘ボイスも「エレインさん!」になってたし!

でもほっこりなんてしてる場合じゃなかった。

ほっこりさせてきた後DEADENDさせてくるのはプロローグと同じ!
ファルコム!最低だが最高!笑

1回目

う〜〜〜ん、一回目のDEADENDはほんとうにうわぁあ…って感じでしたね…。
すーなーの会話もすごく良かったです…

あのセリフみたいなものをヴァンとエレインも言い合ってほしい!理想のセリフです…。あれを聞きながら、「ああ、ここでDEADENDなんだな…」って私は感じましたよ………。

二人が死んでしまって時が戻って、無事だったのね!って言ったときのエレイン、もう、もう…

ところで、アニエスだけが起点なのかと思ってたんですけど、エレインでも大丈夫だったし、二回目のDEADENDはジンさんだっだよね?でも三回目のときジンさんには記憶がなかったようにみえたんですけど…うーん…
とりあえずアニエスじゃなくてもゲネシスは反応する。持ち歩いている人じゃなくても反応する(今回は持ってたのはナーディアだったけどエレインが一番記憶を持っていた)ってことはわかった。

なんかさ…今作はもう最初のプロローグからだけどここもだけど軌跡ではやらなかったIFのDEAD ENDを毎回やってきて、永劫回帰計画っていうのもわかるよ………。もう永劫回帰しとるわ…。
軌跡って途中で泣かせるってよりはすごいところでガツンとショック入れて泣かせてくるタイプだったのに、今回は毎回「ああここで力及ばずに死んでしまうのかな…」っていう無力感を入れて章ごとに泣かせてくるのなんなの…いままでと違うやり方だけどIFのDEADENDを知ってるからこそのタイムリープって、私には美味しいよ、美しいよ…つらい。

二回目

とれなかった宝箱は二回目でとれるようになった。ありがたい。
しっかし、ジンさんが来ても負けるっていうのはなかなか驚きでしたね…。

三回目

そして三回目では、さすがにすーなーも記憶を持っていたので、情報収集しにいった先で黒いアウローラを探しているヴァルターを見つけてしまうという…ヴァルターの情報収集ダメすぎて笑う。野犬かよ!面白かった。よかったよ。
三人ならヴァルターから一本取れるって煽ったエレイン、胆力すげーって思った。大人げないオジサンなので煽ったらやばいかなあって思ったんだけど戦闘狂だから一本とったらちゃんと話合ってくれて笑いました。
まあオーレリア分校長やマテウス閣下のせいで、武人の世界では話し合う前に一本取るのは普通みたいな感じしたよね(帝国編)

あのヴァルター戦、戦闘不能になることなく〜でSP4みたいでした。よかったよかった…。
ちょっとレベル足りなかったりしたら、クレストをアーツプラグインで入れたり、ナーディアのホロウコアを回復系にしないとだめなのかもしれないっすね…。ヴァルターの命中率が高いみたいで、心眼は全然ダメでした。

それから、黒芒街は釣りができるみたいでした…釣り餌が足りないイイイ!MK社の補充アイテムのところになかったんですっ。セントマルシェで買っておかないとだめだったわー。

いつものスノーシュラブで、軌跡シリーズだなって感じがした笑。
カサギン!スノーシュラブ!

紅のアルテラ

あの何度でも蘇るグレンデルのなりぞこない、元になる人間を動けなくしてしまえばいいというヴァルターのクソすぎる発想でかなり解決し…、
敵のアルテラでさえ、「この男、人の心がないわね」などと言ってて流石戦闘狂、クソすぎて笑ってしまった。

黒いアウローラは6柱(博士)が作って結社が持ってたものを誰かが盗んでいったという話で、それをヴァルターは取り返しにきていたという。じゃあこっちのこれは破戒の仕込みじゃなかったってことかあ…プロローグは破戒の仕込みがちょっとあったっぽいけどさ…

ある日ラピスが急に動かなくなって、それを探しにすーなーは共和国入りしたということだが…
アルテラが使ったコードにエリュシオンコードがあった、アルテラは非常にオリジナルっぽいメアに対してイライラしているし、オリジナルであることにこだわっている、まるで模倣擬体のようだよね…。

とにかく軌跡シリーズのいままでとつながっていたSideBでした。
後半は色々ヤバかったけど、前半はエレインちゃんがかわいくて強くてすーなーがにぎやかで楽しかったです!

午後の小ネタ

小ネタですが、惚れた男を刺す女リンゼさんがヴァンさんのことを勝手に彼氏と言って妄想しているところをエレインが「……あら、そうなの………」って言ってるところが怖かったっすね…スウィンに同意…。
エレインちゃんが、ヴァンから勝手に惚れて刺すやべー女の話は聞いたことがあると言っててよかったw

あと、ヴァルター連れ歩いてる途中で、ヴァルターに面倒事を増やさないでって釘刺してるエレイン強いww大胆だwww

もう。あと、釣り餌を補充できなかったので釣りしきれなくて悔しかった…MK社ぁ!

同人誌通販情報

軌跡シリーズのロイワジ中心に同人誌を作っています。
BOOTHに通販もございますのでよろしければどうぞ!(→通販ページはこちら

Share
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次