推しに絶叫する創の軌跡 初回プレイ感想 その10: CHAPTER2 ロイドルート②

今回はCHAPTER2ロイドルートの続きです。釣り餌は無事に補充できました。この地域エーゼル釣れすぎなんですが?!もういいよ~!アイキャッチ画像は閃4の回想シーンです。大丈夫。ネタバレではないです。

3/17続き アルモリカ村前

これまでの(私の)あらすじ
時系列の整理とレクターのクロスベル入りを調べるために資料集を開きまくってすごい時間消費しました。本編関係ないところでなにやってんだ~~~~

さて本編つづき。

休憩所~アルモリカ村

なんだこの自販機!にがトマトウォーターって!ヘルシアウォーターみたいな不穏な不味そうな響きやめてぇ…
釣りポイント多すぎるぞ?!ティガアローナを釣った。釣り餌がやばそう…。アルモリカ村で売ってることを祈る。

そうか、思い出したけどクレアさんが使えたんだから、レクターもヴァリアントレイジ使えるよね。5人以上になれば…!レクターさんのレベルアップボイスめっちゃいいじゃんwwwww
あ!!!ああー……、やっぱり料理手帳にレクターはないよね。あ、クレアさんもないか。でも装備は変更できるしオーブメントも変更できるから、しばらく仲間扱いなんだろうね。

元気出るわ〜〜〜〜。辛いときでも明るく振る舞えるレクター大好き……………

まって…ロイド…リーシャからあんな風に言われていながらエリィの頭を普通に……攻略王健在すぎる……絆イベントがない分全員をメインストーリーで攻略していくスタイル?!

って、エリィだったあ。まじかよ…市民を誘導してきたのはエリィだったのか……てっきり議長のそばにいるのかとおもったよ。
あ、もしかしてこれ順番的にまさかだけどクロスベル独立国のときと逆の順番とか?っておもったけど、ごめんリーシャは割と序盤だったね………。

アルモリカ村

あ、そうかアルモリカ村が3Dになったのははじめてか。

「ってオレも入ってんのかよ?」

レクターがロイドに攻略されてしまう〜〜〜〜〜!笑

あぁぁ!セシルさん〜〜〜〜〜!!ってことはキーアは?エリィと一緒じゃ?
うあ、やっぱりそうだよ。ロイドをリーシャにお願いしてエリィがキーアを…っていってたのに、セシルさんが一番近くにいたけど街の混乱ではぐれたって……
え……エリィどういうことその()書き。まさか、キーアが自ら囮にとかそういうことはないよな…

そうかおじいさまもサンサンもこっちにきていたんだ。

あ、露骨にリーシャとレクターがエリィと二人きりにするために去ったwwww
ロイドが察するに「任せた」ってことらしいが…。
まあ、エリィにはロイドが一番だよねわかるけどね…キーアの件が不穏すぎるぞ…

レクター関係、つい撮ってしまいます!!!!!!!!!
あ。あああああレックス無事だったんだね!

無事に釣り餌を補充。
さらにロックを釣って…っていうかエーゼル多すぎでしょクロスベル。エーゼル率高すぎ〜〜〜〜〜

不穏な感じ。

げえええ…これって………

希望なんて持つから絶望するんだ、どうせうまく行かないんだから好きにしてくれって感じ

これ、「希望を持つから絶望する」って仮定について、私は一言言いたい…!!
起きた出来事がショックすぎて受け入れられないから、納得するために、自分を言いくるめるために希望を持たないほうがいいって理由付けしてるだけだよ!!
希望を持っても持たなくても絶望的な出来事は起きるので、希望の有無は起きた出来事とは関係ないよっていう!苦笑 そこに因果関係はないのに、自分が何か原因を定めてスッキリしたいだけなんだよ…

ってマジ語りしてしまった。軌跡やろう。

げえ!サンサンから黒いなにかが立ち上ってる!
やっぱり、不安や絶望や押し込めてた想いみたいなものが出てるのかなあ…

エリィの回想

うーんやっぱりそうかあ。エリィが…一瞬の間に市民にぶつかられている間に見失って、さらに議長も肩を撃たれて、そしてキーアから「今はエリィにしか出来ない事をして!」って言われて動いたのね…。それは見捨てたわけじゃないんだけど、でも自分がエリィだったら同じように罪悪感で死んじゃうかもしれないわ………

というかこの回想、リアルに涙出たよ…

ああ……そういえばそうだった。
零で、へなちょこから始まった支援課は、キーアという守るべきものを見つけたから強くなれた。みんながキーアを守っていたんじゃない。キーアの笑顔があったからみんなは強くなれたんだよね…

そして、この二年間でキーアも守られるだけの存在ではなくなっていた。
守られる笑顔から、みんなを励ます笑顔に。庇護対象から、仲間になっていたんだ…

っていうか回想のあとに一度もどったのに更にイラストつきの回想を入れてきて泣かせるってどういうことだよ!!

というか公式、攻略キャラ全員の絆イベント的なものを強制的に全部メインシナリオにぶちこんでくる姿勢がすごいwwwwwエリィのイベントもリーシャのイベントも、ギリギリ特別な絆ではないですみたいな感じを攻めてるのがww

貴重なツッコミ役がいてくれてよかった…的確なツッコミと励まし、場の空気を読んで支援してくれて、暗いときはおどけてくれて、ああ〜レクター〜〜〜〜〜!大好き…

療養所

うーん……そうだよね。そもそもルーファスの時点で怪しいんだよね。みんな、そんなことするはずがないはずの人たちがそういう事をしている……
舞台から降りた人たちを染めて駒として盤上に新たな役目を与えて配置したみたいな感じの違和感だよなあ。
(イリアさんだけはどうみてもクロウやアンゼリカさんを操ってたときの仮面だけど)

あ、……右から二番目の人。もしかして「皇帝」??(「3と9」のスウィンたちの宿敵)

な〜んか確かに違和感が…。「使命」とか「私たちがずっと求めてきたもの」とか…。リーシャが感じていた違和感とか、レクターが感じている違和感とか、そういう何か……。一番最初の調印式のときもルーファスが「俺たち」という単語について突っ込んでいた気もするし……

議長とセシルさんの台詞もそうかな。支援課という幻想に、英雄に、頼りすぎていた市民たちがいて、市民たちと目標に支えられて使命に突き進んできた支援課という英雄がいる…

レクターがたくさん喋ってくれるたびに撮影してしまうわ…

お……?進もうとしたら……

いよいよ夢幻回廊です!

次回:推しに絶叫する創の軌跡 初回プレイ感想 その11: CHAPTER2 夢幻回廊 へ続く

各作品の感想は、軌跡シリーズの感想&攻略記事一覧にまとめてあります!

Author

Akila

Akila

RPGゲームとファンタジーと猫が好きです。軌跡シリーズ、DQシリーズなどで同人活動をしています。